ヘルシンキ二日目。森できのこ狩り

朝起きて窓から外を見ると晴れ間が出ている。
この季節のフィンランドは晴れるのはラッキー! 今日は日曜、お店はほとんど閉まっている。けどそんなの関係なし! 本日はTさんとTさんのフィン人ボーイフレンド、O氏ときのこ狩りなのです。ホテルまで迎えに来てもらい、お二人の新車で小1時間、めざすはかもめ食堂で有名になったヌークシオ国立公園。
Tさんはなんとハイキングのための長靴を用意していてくれました。長靴はノキア製。そんなことでもわー!って声を上げてしまう。
到着すると駐車場が満杯。お二人が驚くほどの人出のヌークシオ。
無事車を停め、かごの中にきのこ図鑑とピクニックセットを入れて出発。

c0092137_19481188.jpgc0092137_19503762.jpgc0092137_1947630.jpg
朝の晴れ間はどこへやら。どんより曇りの空の下、地元っこO氏にひたすら着いてきのこを探す。
ここは当初、一人で来ようと思っていたんですが、つくづく一人で来なくてよかった。
さびしいし、いっぱいコースあって激広だし、きっとちょろちょろして終わってたと思う。
そもそもヘルシンキからの移動自体も公共の交通手段じゃ大変そう。車で来るところだよ、こりゃ。

木道を歩いたり、マウンテンバイクとすれ違ったり。日本人はちょっと目立つかな。
途中、O氏の会社の同僚に偶然出くわす。みなさんけっこう本格的なアウトドアスタイルですな。歩き回れどきのこは不作らしく、びっくりするほどない。かろうじて絵になるきのこを写真におさめました。
本当に童話に出てくるようなきのこ。
これは食べられませんよ。

c0092137_19424335.jpgc0092137_209150.jpgc0092137_1953566.jpg




中州のような場所で、ピクニックセットを広げてひと休み。サンドイッチとコーヒーとクッキー。
いたれりつくせりですね。動いているとそれほど寒さを感じないのだが、さすがにじっとしてると寒い。10月のヘルシンキは、12月はじめの東京くらい? 森のあちこちで火がたかれ、紅葉はまだ残っていました。
結局、お二人の目当てのきのこがなかったらしく、ほかの森へ行ってみない?とまたまたドライブ。
鹿狩猟中、注意の看板のある森へずこずこ、ちょっと軽井沢っぽい。森をぐるぐるして、やっぱりきのこは2〜3しか収穫できず。鹿の糞はいっぱい見たのだが。

その後は、ご飯の前に家に寄りたい、というお二人に着いて、お家見学までしてしまいました。
古いタイプの公団で、一軒一軒サウナがあります。お二人は街行きの洋服に着替えてぱりっとして、私は当然森のかっこのまんま。
彼らの住むエスポーはヘルシンキのお隣の街。ノキアのある街。chico'sというフィンランド版ファミレスでビールと肉。O氏は車にもかかわらずはっきり言って飲んでます。
フィンランドはビール1〜2杯までは合法、っていうO氏の説明、すっかり信じてたのですがどうやらジョークだったらしい。
ホテルまで送ってもらい、今日はありがとう!ときれいに終わるはずが、なんと車の中にデジカメ忘れてる! ヘルシンキで友達とお茶をしているというTさん、帰りがけにホテルまで来てくれました。す、すいません。。。おわびに日本から持ってきたサランラップをあげました。

c0092137_2135281.jpgc0092137_21351718.jpgc0092137_2137026.jpg
すべてがあまりにスムーズなので、やっぱり遠い国へ初めて来たという実感がわきません。
[PR]
by gogosuomi | 2007-02-04 19:37 | ヘルシンキ一人旅
<< ヘルシンキ三日目。岩の教会、核... ヘルシンキ一日目。Crazy ... >>