ヘルシンキ 森と生きる都市

続けて、フィンランド関係の書籍、毛色の変わったものPart 2。

c0092137_1552270.jpg

『ヘルシンキ/森と生きる都市』
市ヶ谷出版社
日本フィンランド都市セミナー実行委員会
3,990円(税込み)
ただのフィンランド好きの人間が読むには手に余る建築の専門書ではありますが、ヘルシンキという街がどのような歴史的背景でつくられ発展し、どのようなタイミングでたとえばアルバア・アアルトのような建築家が街づくりにたずさわり今に至るなどということが詳しく書いてあり大変興味深く、ついつい今後何かの役に立つだろう?と大枚をはたいて購入してしまいました。

岩盤の多い地理を生かした都市計画。
イタケスクスの地下にあるというアクア・パラダイスの岩盤むき出しのプールに、次回渡フィンの際にはぜひぜひ詣でたいものだと思います。

A4判全259頁。図録や写真も豊富でヘルシンキ好きなら、理解できなくてもなんとなく気分が高まること請け合いです☆
[PR]
by gogosuomi | 2007-05-29 15:15 | 本、音楽etc...
<< 旅するバイオリン 日本人になりたい―青い目の私が... >>