<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヘルシンキ 森と生きる都市

続けて、フィンランド関係の書籍、毛色の変わったものPart 2。

c0092137_1552270.jpg

『ヘルシンキ/森と生きる都市』
市ヶ谷出版社
日本フィンランド都市セミナー実行委員会
3,990円(税込み)
ただのフィンランド好きの人間が読むには手に余る建築の専門書ではありますが、ヘルシンキという街がどのような歴史的背景でつくられ発展し、どのようなタイミングでたとえばアルバア・アアルトのような建築家が街づくりにたずさわり今に至るなどということが詳しく書いてあり大変興味深く、ついつい今後何かの役に立つだろう?と大枚をはたいて購入してしまいました。

岩盤の多い地理を生かした都市計画。
イタケスクスの地下にあるというアクア・パラダイスの岩盤むき出しのプールに、次回渡フィンの際にはぜひぜひ詣でたいものだと思います。

A4判全259頁。図録や写真も豊富でヘルシンキ好きなら、理解できなくてもなんとなく気分が高まること請け合いです☆
[PR]
by gogosuomi | 2007-05-29 15:15 | 本、音楽etc...

日本人になりたい―青い目の私が政治家を志した理由

ネタがあまりないので、フィンランド関係の書籍の紹介など。
まあ、皆さんがだれでも知っていると思われるメジャーなものは、置いといてちょっと毛色の変わったものを…

c0092137_158495.jpg

『日本人になりたい―青い目の私が政治家を志した理由』
祥伝社
弦念 丸呈
738円(税込み)
弦念丸呈。ツルネンマルテイ。衆院選などでこの名を聞く以前にも、日本語を自在に操る外人さんという感じで、知っていたような感じもする方。現在は参議院議員。

ちょっと待って! ツル「ネン」さん、ってことは、それってもしやフィンランドのお方では、と気付くのが遅いのかもしれませんが、そんな フィンランドは北カレリア生まれの弦念さんが湯河原の町議をしていたころに書かれた自伝エッセイです。

フィンランドの宣教師が、なぜ日本に帰化したかが書かれてますが、読んでびっくり。こんなに波瀾万丈な人だったとは。 普通には理解されにくい、ちょっと常識を超えるビジョンが見えちゃった人は、いろいろ大変ですが、本人はぶれません。

日本の国会にフィンランド人がいる。フィン好きのあたしとしてはなんとも言えない気持ちです。

このほかにも、弦念氏には数々の著書があるようです。
くわしくはこちらを。ツルネン事務所から直接購入すれば、直筆サインのおまけがあるそうですよ☆
[PR]
by gogosuomi | 2007-05-22 15:12 | 本、音楽etc...

今日のウルルン。

世界ウルルン滞在記。
今日はフィンランドでしたね。
要潤がいく「ゴミから宝物をつくるフィンランド」。
タイヤをリサイクルしたバッグなどで有名なSECCOのスタッフと一緒にものづくり。
ヘルシンキ?かと思いきや、SECCOの社長の家のユバスキュラ近辺のステイでした。

ヘルシンキのSECCOのスタッフが紹介されて、私が訪ねた時にそのかわいさに思わず写真を撮らせてもらった女のコも画面に顔を出しました。ちょっとうれしかったです。

c0092137_23255958.jpg
[PR]
by gogosuomi | 2007-05-06 23:26 | 本、音楽etc...