タグ:フィンランド ( 12 ) タグの人気記事

Finland Cafe 2007 in 自由が丘

早いものです。このブログで再びこの話題です。

c0092137_170409.gif

今年のフィンランドカフェは10/1〜11/3、自由が丘で行われます。
地図を見ましたが、自由が丘というより田園調布に近いように思います。
はじまりが平日から、というのが、なんともらしいですね。

元中古自動車販売店をまるまるカフェに変貌させるそうです。
ここのところ毎年場所も変わっているので、造るほうも大変では…。
屋外スペースではカウッパトリ(マーケット広場)も再現されるということ、
天気のいい日をねらって、遊びに行きたいと思います☆
[PR]
by gogosuomi | 2007-09-28 17:01 | 日本でフィンランド

日本人になりたい―青い目の私が政治家を志した理由

ネタがあまりないので、フィンランド関係の書籍の紹介など。
まあ、皆さんがだれでも知っていると思われるメジャーなものは、置いといてちょっと毛色の変わったものを…

c0092137_158495.jpg

『日本人になりたい―青い目の私が政治家を志した理由』
祥伝社
弦念 丸呈
738円(税込み)
弦念丸呈。ツルネンマルテイ。衆院選などでこの名を聞く以前にも、日本語を自在に操る外人さんという感じで、知っていたような感じもする方。現在は参議院議員。

ちょっと待って! ツル「ネン」さん、ってことは、それってもしやフィンランドのお方では、と気付くのが遅いのかもしれませんが、そんな フィンランドは北カレリア生まれの弦念さんが湯河原の町議をしていたころに書かれた自伝エッセイです。

フィンランドの宣教師が、なぜ日本に帰化したかが書かれてますが、読んでびっくり。こんなに波瀾万丈な人だったとは。 普通には理解されにくい、ちょっと常識を超えるビジョンが見えちゃった人は、いろいろ大変ですが、本人はぶれません。

日本の国会にフィンランド人がいる。フィン好きのあたしとしてはなんとも言えない気持ちです。

このほかにも、弦念氏には数々の著書があるようです。
くわしくはこちらを。ツルネン事務所から直接購入すれば、直筆サインのおまけがあるそうですよ☆
[PR]
by gogosuomi | 2007-05-22 15:12 | 本、音楽etc...

携帯電話

パリ、ヘルシンキの旅行にあたって、携帯をレンタルしました。

c0092137_14171249.jpgいろいろあって、迷うのですが、今回は、フィンランドのローカルナンバーが取得できるという、グローバルセルラーを利用しました。

ローカルナンバーが取得できるメリットは、私に、というよりも、ヘルシンキに住む友人らにとってのものになります。
たとえば、ソフトバンクでは世界で使えるグローバル携帯を出していますが、それだと、ヘルシンキに住む友人が、ヘルシンキにいる私に電話する場合でも、いちいち日本へ国際電話をする番号をかけ、実際に通話にも国際料金が発生します。

ローカルナンバー(今回の私の場合040-7×××-××××)なら、ヘルシンキの友人が私に電話する時、国内の普通の携帯に電話するのと同じ番号、国内料金で通話できるので、そのほうが相手が私に電話をしやすいかな、と思ってのことでした。

現時点ではわかりませんが、イギリスなどのメジャーな国のローカルナンバーがとれるレンタル携帯は多いのですが、ことフィンランド、となると、上記のグローバルセルラーしか見つけることができませんでした。

More
[PR]
by gogosuomi | 2007-03-28 14:09 | 準備の話

ヘルシンキ十日目。帰国

c0092137_17574815.jpgパリに2泊3日、ヘルシンキに9泊10日。2週間の旅もついに終わり。

はじめてのヘルシンキ、短過ぎず長過ぎず、心残りのないいい旅となりました。
青空は一日だけで、毎日グレイッシュな風景でしたが、憂いがあって一人旅にはよかったな。
Aのアパートから歩いて5分のところに、Scandic Hotel Continentalのフィンエアバス停留所があり、そこから空港へ向かうことに。
この停留所には観光客の姿はまったくない。ここもそうだけど、この旅は、いろいろな意味で横道やショートカットにあふれた私好みの素敵な時間を過ごせました。
Aとハグして、さよならです。バスは9割方満員。でも席には座れました。
深夜に着いたヴァンター空港。帰りは昼間なのでショッピング三昧。といってもこぢんまりした空港なんですね。
Aがバスの時間を調べてくれる時、「コペンハーゲン行きは国内線扱いだから、1時間前に空港につけばいい」と言われ、そうか、EU内はすべて国内線扱いなんだな、ってあらためて認識。この人たち、パスポートすら持つ必要ないんだよな。
そう考えるとパリからヘルシンキへ向かう時、2時間前に空港に着かなくちゃ!ってあんなに急いだのがそもそも意味がなかったのですね…なーんだ。

More
[PR]
by gogosuomi | 2007-03-09 18:00 | ヘルシンキ一人旅

Moomin's Memories

旅の話の途中。
1月31日にNHK教育テレビでフィンランド国営放送のYLEが製作した『Moomin's Memories』(邦題・ムーミンの世界)というドキュメンタリーが放送されました。

フィンランド好きのきっかけとしてムーミンを挙げる人も多いと思うのですが、私は正直まったくといって興味ありません。先月のku:nellでトーベ・ヤンソンの夏の別荘の島をとりあげたとき、この島にはちょっと行ってみたいな、と思いましたが。
そうは言っても、日頃、フィンランドの番組なんて皆無に等しく、喜び勇んで録画をして、やっと観賞しました。

トーベ・ヤンソンが女性だったということすら知らなかった私ですが、この番組でムーミンの牧歌的ではない深い面を観ることができて、少しだけムーミンの世界に興味が出てきました。
YLEの2006年の制作番組ですが、第二次大戦下のヘルシンキや、トーベがムーミンのアニメ化をめぐり来日などの貴重な風景も盛り込まれ、フィンランド好きには必見の良質な番組でした。

c0092137_16594725.jpgc0092137_170344.jpg
トーベ・ヤンソンは時代的に、そして新聞の4コマ漫画から世に出た、ということを考えると、ちょうど日本の長谷川町子と対比できるのではないかと思います。
写真は、フィンランドでムーミンを劇場版にして公開した場面。人面ムーミンがかなりシュール。
[PR]
by gogosuomi | 2007-02-08 17:00 | 本、音楽etc...

ヘルシンキ三日目。岩の教会、核シェルター、トナカイ肉

さて、あけて月曜日。お互いのblogでずーっと交流のあったヘルシンキ在住Cさんとついにご対面。ご対面の多い旅です。blogやmixiを通して、ローカルの人と知り合えるなんて本当に旅の質が変わるよな。

c0092137_15235174.jpgホテルを出て、港にあるマーケット広場。時季が微妙なのでちょっとさびしい風景。先週なら確かここでにしん市が開かれていたはず。商売上手のお姉さんにのせられてスウィーツを買ってしまいました。いつ食べよう…

それからCさんと待ち合わせしているストックマンへ。レンタル携帯が大活躍です。
まずはお茶でもしよう、とカンプ・ガレリアのなかのカフェへ。Cさんいわく、ここは食べ物不毛のヘルシンキでも比較的、フードメニューの選択ができるカフェなのだそうです。ここは気に入って後日も行きました。
Cさんとは、ほぼ同い年(ほぼって何だよ)、同じ時期にロンドンにいた、東京育ち、などの共通点があり話も弾む。

私の行きたい場所へということで、まず、テンペリアウキオ教会へ。初めてのトラム乗車です。ワンデイチケットをちょうだい、と言ったのだが、シングルチケットが来た。このチケットだと1時間有効です。
テンペリアウキオ教会は、軽井沢にある石の教会に非常に似ています。コンセプトはほぼ一緒じゃないかな。石の教会がもともと好きだったので、ここは速攻で行きたかった場所なのです。Cさんはきっと何度も来ているのでしょう。椅子に腰かけて私を待っています。

c0092137_20204280.jpgc0092137_20212417.jpgc0092137_20131814.jpg
見学を終えると、この教会の地下に核シェルター(写真右)があって、そこはCさんが契約している駐車場になっているそうで、契約者しか入れない教会の地下空間に潜入させてもらいました。ロシアの侵攻につねに備えるフィンランド。いち早くユーロを導入して、ロシア色を払拭しようとしたフィンランド。
そのロシアに今では、フィンランドのデパート、ストックマンが進出している現在。
フィンランドは、ヨーロッパ側にとっては東の辺境、ロシアにとっては一番ヨーロッパ寄りの地。
いろいろな国の思惑にはさまれるフィンランドの歴史を感じます。

More
[PR]
by gogosuomi | 2007-02-06 20:10 | ヘルシンキ一人旅

初日、パリへ

2週間の秋の旅。秋といってもヘルシンキは寒いに違いない。
ということで、かなり大きい荷物を持って成田へ向かいます。
前回エジプトの旅は、羽田経由関空だったので、成田も3年ぶりくらい?
早めに入って、ターミナル内をぶらぶら。
漢字がデザインされた「大吟醸Tシャツ」をこの旅でお世話になる友人へのお土産にゲット。
北欧の人間はでかいから、LLかな? うーん、店員さんと悩んで、細身だからとLを購入。

c0092137_14321364.jpgまずはコペンハーゲン行きスカンジナビア航空に搭乗。スカンジナビア航空の機内食は、No.1のエコノミー度。チケットが安いから文句言えませんが。席は空いていたので、全乗客、隣人がいない状態です。
持参したノートPCでインターネットをしたり、ぼんやりしたりしてるうちにコペンハーゲン到着。快適なフライトでした。飛行機大好き☆
成田便がつくゲートだから、日本語表記まであるんですね。中国語は超手書き?


More
[PR]
by gogosuomi | 2007-02-01 00:42 | ヘルシンキ一人旅

行ってきました。

さて、準備の話ですっかり立ち止まっていたこのお話。
年を越えましたが、無事、昨年、ヘルシンキへ行ってまいりました。

c0092137_17415334.jpg
旅の備忘録をはじめようと思います。
ヘルシンキ、ますます好きになりました。
[PR]
by gogosuomi | 2007-01-22 19:40 | ヘルシンキ一人旅

グレーグレーグレー

ヘルシンキは、とっても暖かいそう。フィンランドらしい冬でなく、毎日雨、退屈、というメールが大量の添付フォトとともに届いた。
冬、昼の短いヘルシンキは、雪が降るとかろうじてその白で街が明るくなり、市民はわりと雪景色を楽しみにしていると聞く。
凍った海を、近道する楽しみも、今年はまだ訪れないらしい。

c0092137_1647731.jpgヘルシンキ近郊のUunisaari(ウーニサーリ)島の先週の風景。本当に雪がない。
グレーグレーグレー。どこまでもグレー。
こんな冬は気がめいりそうだなぁ。 …とか思いながら写真の向こうのヘルシンキに胸がしめつけられそうになる一瞬のセンチメンタルジャーニーなのでした。
なぜこんなにもこの風景に焦がれるのでしょう。

c0092137_1646399.jpgc0092137_1646531.jpg

[PR]
by gogosuomi | 2007-01-19 22:35 | フィンランドニュース

フィンランド民主制の100年

憲政記念館、という国会議事堂のふもとにある、ふつうなら生涯足を踏み入れないだろう場所へ、パネル展「参政権、法に対する信頼感‐フィンランド民主制の100年」を見に行ってきました。

c0092137_17225050.jpgその展示があるという第三会議室。びっくりするくらい素っ気ない。こ、これは、単に小冊子のページを拡大して並べただけでは…でしたが、フィンランドをなめつくしたい私にはとても興味深く、全部読むのに時間がかかって、閉館1時間前に入ったのをちょっと後悔。文章が堅苦しくなかなか自分の中に入り込んでこないので集中を要するのです。
パネルの中にいくつかの印象に残った言葉がありました。

「お腹がすいていては、聞くものも聞こえてこない」
給食の無料提供に関する言葉。日本って有料でしたっけ?

「短期間で富豪になりたい野望のある人がフィンランドを選ぶことは今後もないでしょう」
ふふ、なるほどわかってるんですね。
[PR]
by gogosuomi | 2006-11-09 17:26 | 日本でフィンランド